【クラムメディアよりも9tut】CCNA(200-301)に最短合格する方法【非推奨】

CCNAの勉強をしている際に「9tut」という学習サイトを聞いたことはないでしょうか。

9tutとは、ざっくり説明すると以下のようなサイトです。

MEMO
  • 海外サイト。全て英語で書かれており日本語には非対応。
  • CCNA試験の的中率が高い。
  • 最新版のCCNA(200-301)試験に対応。
  • 有料(1カ月19ドル。日本円で約2000円弱。)
    ※未課金だと問題文が見れません。
    ※ただし【無料】で見れる裏技あり(後述)
  • 「9tut」で本当にCCNA最短合格にできるか知りたい
  • 「9tut」を無料で使える方法がないか知りたい
  • 「Ping-t」や「クラムメディア」との違いを知りたい
  • CCNA最短合格を目指すために最低限必要なことを知りたい

この記事では、上記のような疑問について解説します。

9tutとは

9tutとは海外のCCNA学習サイトです。CCNAを勉強している人たちの間では知る人ぞ知る学習サイトです。

CCNA Training

日本語に未対応な海外サイトというだけで「怪しい、大丈夫なの?」と思ってしまいますよね・・・。私もそうでした。

私は代表的なCCNAの学習サイトである「Ping-t」、「クラムメディア」も使いましたが、的中率は9tutがダントツで一番でした。

どういうルートで本番試験と同じ問題を入手しているのかは知る由もありませんが、9tutではCCNA試験と全く同じ問題が出題されています。

9tutは、理解よりも暗記がメインの勉強法になってしまうため【非推奨】としてます!

ただし、9tutは「ある程度CCNAの勉強をしてきた人向け」です。

CCNAの試験範囲について一通り勉強した後に、補足教材として9tutを活用することをおすすめします。

ネットワークの基礎知識や、スイッチやルータのコマンド知識がない全くの初心者にはおすすめしません。

ネットワークの基礎知識や、シスコ機器(スイッチやルータ)のコマンドについて何も分からないという人は、まず基礎的な勉強をしましょう。

9tutの料金と問題数・他サイトとの比較

9tutの料金は以下の通りです。

9tutの料金
  • 1カ月:19ドル(約2,000円)
  • 2カ月:35ドル(約3,600円)

それほど高くもないけど、安くもないという価格ですね。

以下は、9tutの料金と問題数を他サイトと比較したものです。

サイト 料金(1カ月) 問題数
9tut 約2,000円(※) 約270
Ping-t 2,400円 915
クラムメディア 6,000円 160

※9tutは無料で使う方法があります(後述)

9tutと他サイトの人気度を比較

私個人の意見だけでなく9tutの「人気度」がどれくらいか調べてみましょう。

CCNAの代表的な学習サイトである「Ping-t」と「クラムメディア」と人気度を比較してみます。

「Googleトレンド」というツールを使って調べてみます。

Google Trendsは、ある単語がGoogleでどれだけ検索されているかというトレンドをグラフで見ることができるツール。
Wikipediaより引用

人気度の結果(日本)

9tutは日本では知名度がないので、人気度も低いですね。

人気度の結果(世界)

「すべての国」で調べてみたところ、9tutの人気度が一気に高くなりました。

海外では9tutがCCNAの学習サイトとして人気なことがわかりますね。

「ping-t」も人気度が高いです。

Ping-tは日本向けのサイトなのになぜ?と思ったのですが、これはネットワーク疎通を確認するためのコマンドping -tを検索している人が多いからだと思われます。

英語の壁は「Google Chrome 翻訳機能」で乗り切る

9tutは海外サイトで日本語に対応してませんが、Google Chromeの「日本語翻訳」機能を使えば解決できます。

ブラウザ上で右クリックして「日本語に翻訳」をクリックすれば、日本語のテキストに変換してくれます。

ただし、英語直訳の日本語ですので違和感はあります。

この辺りは英語原文と照らし合わせながら読み解けば良いかと思います。

Chrome】日本語に翻訳する方法と、元に戻す方法|ページ全体を一瞬 ...

9tutを無料で使う方法

なんと、9tutを【無料】で利用する方法があります。

Webブラウザ上では、有料でアカウントを作成しないと問題と解答を見ることができません。

ですが、以下のページから問題と解答が掲載されたPDFがダウンロードできます。(もちろん英語)

CCNA Training » CCNA Questions and Answers

英語で書かれたPDFはGoogle翻訳のドキュメント版の機能を使えば日本語に変換することができます。

Google翻訳

9tutのまとめ

9tutは「的中率が高い・対応が早い・価格が安い(無料でも可)」という三拍子そろった教材です。

9tutまとめ
  • 的中率
    高いです。試験に出るそのままの問題が多数出題されます。

  • 新CCNA(200-301)への対応
    早いです。2020年3月末時点でCCNAの新試験(200-301)にいち早く対応されており、今後もアップデートされていくでしょう。

  • 料金
    1カ月で19ドル(約2,000円)だが、問題と解答が掲載されたPDF版をダウンロードすれば無料で使えてしまう。

【CCNA(200-301)】クラムメディアの評判・的中率

さて、次にCCNAの勉強サイトとして選択肢に上がってくるクラムメディアについて解説します。

私も実際にクラムメディアを使って勉強してみましたが、CCNA(200-301)の勉強という点では、クラムメディアは「微妙」と言わざるを得ません。

ググってみるとクラムメディア推しの記事が多いですが、クラムメディアにはアフィリエイト報酬があるからです。(Ping-tと9tutにはアフィリエイトはない。)

Crammedia.com のアフィリエイトプログラムは、あなたのホームページやメールに掲載されたリンクから商品が購入された場合、あなたに紹介料が支払われるものです。
Web サイト/メーリングリストオーナー様は、本日より簡単に開始でき、最大1 5%の紹介料を獲得いただけます。

アフィリエイト自体を悪いと言っているわけではなく、他の学習サイトと比べると質と価格が見合ってないのがおすすめできない理由です。

CCNA(200-301)の勉強におけるクラムメディアの問題数・的中率

クラムメディアの問題数は160問です。

クラムメディアのCCNA(200-301)試験の的中率についての正確なデータはありません。

私個人の所感からすれば、クラムメディアの的中率は9tutよりは低いです。(9tutではそのままの問題がたくさん掲載されてます。)

2020年2月のCCNA改定に伴い、CCNA(200-125J)からCCNA(200-301)にバージョンアップされたわけですが、クラムメディアが単純に改定内容に追いつけていないのではという感もあります。

クラムメディアの解説について

クラムメディアは問題・解答に対する解説が、Ping-tの丁寧な解説ぶりと比べると見劣りします。

クラムメディアでは、解説がユーザー投稿型?なのか、「解説お願いします。」とか「この問題の答えは本当はこっちじゃないのか?」というような書き込みがけっこうありました・・・。

こちらも今後の改善に期待ですね。

クラムメディアを使ってみた感想まとめ

クラムメディアは全く役に立たない教材というわけでもないのでしょうが、30日間で160問、月6,000円~というのは高いです。

ただでさえCCNAは試験料が高い資格です。(約4万円弱)

もちろん今後、クラムメディアの品質が改善される可能性もあるでしょうが、この記事を書いている時点では価格と内容が見合ってません。

クラムメディア以外の教材にも目を向けてみて、時間とお金を大切に使いましょう。

クラムメディアまとめ
  • クラムメディアのCCNA(200-301)の的中率
    的中率は低い。
    問題に対する解説も微妙、解説がないのも多い。
  • 新CCNA(200-301)への対応
    2020年3月末時点でCCNAの新試験(200-301)に未対応だった。
    2020年11月時点では160問(試験本番が約100問ということを考えると問題数が少なすぎやしないかと、やや不安)
  • 価格が高い
    初回6,000円/月くらい。
    2回目以降の購入は少し安くなって4000円/月くらい。

5chの情報も参考になる

ネット上で、クラムメディアと9tutの評判について調べてみました。

9tutは、日本語対応していないので、9tutが良いという情報はあまり見かけません。

クラムメディア推しの記事はわりとたくさんあります。

そこで、真実を探るべく「5ちゃんねる」でクラムメディアと9tutの評判が分かるコメントを抜きだしてみました。

やや古い情報もありますが、参考にはなるかと思います。

https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/lic/1515412848/

初受験不合格してきた
シミュレーションの存在しらずにクラムメディア全暗記して自信に満ち溢れていた自分を殴りたい

合格するだけなら9tut
カンニング?資格の価値が下がる?
こんな受験料ぼったくるだけの資格の価値なんて下がればいい

ping t と黒本とかで勉強して基礎知識はつけといて

あとは9tutや、4sharedの英語問題翻訳してとけばいい

あんなんまともにやっても受からん金のムダや

クラムはやめたほうがいいです。
コストパフォーマンスが本当に悪いし誤回答だらけだし。誤回答多すぎると運営に問い合わせても返答すらなかった。運営のやる気の無さがわかった。

今は9tutが一番かと思います。プレミアム会員でも1500円いかないくらいだし、新問題が出ても対応早いし、パケットトレーサーでシミュの練習もできる。

CCNAの基礎力をつける方法

9tutはCCNA最短合格を目指す人に役立つ学習サイトですが、ネットワークの基礎力がないうちから利用するのはおすすめしません。

ネットワークやコマンドなどの基礎に不安がある人は、まずは入門書やPing-tを使って勉強しましょう。

CCNAの勉強におすすめの書籍

1週間でCCNAの基礎が学べる本

谷本篤民 (著), 株式会社ソキウス・ジャパン (著)

私は、ネットワークの基礎知識がない状態からPing-tなどの問題集に取りかかったため、最初は挫折してしまいました・・・。

「CCNAの勉強を始める前の基礎知識が必要だ!」と思い立ち、探したのがこの本です。

本書は正にそのような人をターゲットとして書かれており、ネットワークの基礎から始まり、スイッチやルーターについてざっくりと理解できる本です。

ネットワークの基礎知識ない人ががいきなりCCNAの問題を解き始めても混乱すること必須なので、この本で基礎力をつけましょう。

シスコ技術者認定教科書 CCNA 完全合格テキスト&問題集[対応試験]200-301

オンライン学習サイトのPing-tでも丁寧な解説はありますが、体系的にまとまった知識や理解は書籍でカバーすると良いでしょう。

CCNAの勉強におすすめのオンライン学習サイト

多くの合格者を出している「Ping-t」がおすすめです。

CCNAの勉強については、一部無料で利用することができます。

CCNAのコマンド練習(シスコ公式シミュレータ:パケットトレーサー)

シスコ機器(スイッチ、ルータなど)のコマンドの練習は実機がなくても、PCにシミュレータをインストールすれば利用できます。

パケットトレーサーのダウンロード方法については以下の記事で解説してます。

パケットトレーサー(Packet Tracer)のダウンロード方法(Windows・Mac)

まとめ

  • CCNAの最短合格にはクラムメディアよりも9tutがおすすめ
  • 9tutは海外サイトで日本語未対応・有料だが、無料で使えて日本語化する方法もある
  • ネットワークの基礎力をつけたい人は本記事で紹介した書籍やシミュレータから勉強するのがおすすめです