【2020年CCNA改定まとめ】試験範囲や受験料について解説

2020年2月24日からCCNAの試験内容が大幅改定されました。
※CCNA:Cisco Certified Network Associateの略。ネットワークエンジニアの登竜門的なベンダー資格。

「旧CCNAと比べて新CCNAは何が変わったのか?」
「試験内容はどう変わる?」
「もしかして受験料も上がる?」
「旧CCNAを持ってる人には関係があるのか?」
「そもそもなぜ大幅改定になったのか?」

こういった疑問に答えます。

CCNA改定の変更点

CCNA認定の方式が変更(CCENT廃止)

旧CCNAでは、受験者には1回で取得するか、2回に分けて取得するかの選択肢がありました。
新CCNAではその選択肢はなくなり、1回で取得することになります。

旧CCNAの取得方法 新CCNAの取得方法
取得方法1:1回で取得 1回で取得
取得方法2:2科目を取得することでCCNA認定
ICND1(=CCENT)→ ICND2

※ICND:Interconnecting Cisco Networking Devicesの略。
※CCENT:Cisco Certified Entry Networking Technicianの略。シスコの試験の中で最も初級に位置づけされていた。

旧試験が廃止されて1つに統合

旧CCNAは以下のように細かく分けられていましたが、新CCNAとして1つにまとめられスッキリしました。

廃止された旧試験 新CCNAとして1つにまとまる
CCNA Cloud
CCNA Collaboration
CCNA Data Center
CCDA
CCNA Industrial
CCNA Routing and Switching
CCNA Security
CCNA Service Provider
CCNA Wireless
CCNA

CCNA試験名称の変更

シスコの試験には試験番号やバージョン番号がついており新旧では以下のような違いがあります。

旧CCNAの試験名称とバージョン 新CCNAの試験名称とバージョン
200-125J CCNA v3.0 200-301 CCNA

↓以下のような名称もある。
Cisco Certified Network Associate (200-301 CCNA)
CCNA 試験 v1.0(200-301)
200-301 CCNA Exam

ICND
・100-105J ICND1 v3.0
・200-105J ICND2 v3.0

CCNA試験範囲

以下のように、旧CCNAと比べて一新された内容となってます。

旧CCNAの試験範囲 新CCNAの試験範囲
ネットワークの基礎
LAN スイッチング テクノロジー
IPv4 および IPv6 ルーティング テクノロジー
WAN テクノロジー
インフラストラクチャ サービス
インフラストラクチャ セキュリティ
インフラストラクチャの管理
ネットワークの基礎 20%
ネットワーク アクセス 20%
IP コネクティビティ 25%
IP サービス 10%
セキュリティの基礎 15%
自動化とプログラマビリティ 10%

CCNA受験料

CCNAの受験料はよく改定されるようです。
旧CCNAの受験料は最後は、以下の値段でした。

新CCNAの受験料は従来よりは値下がりしてます。

旧CCNAの受験料 新CCNAの受験料
CCNA:36,400円(税込40,040円)

ICND
・ICND1:18,480円(税込20,328円)
・ICND1:18,480円(税込20,328円)

33,600円(税別36,960円)